足と靴はベストパートナー・あなたは出逢えてますか?

あなたにとってのベストパートナーに出逢えてますか?


女性が1足は欲しいと思う靴のブランドのひとつ、フェラガモ とっても有名な靴メーカーの老舗です

創始者であるフェラガモは、「足を痛めない靴」を製作するため、南カリフォルニア大学で解剖学を学んだ職人だそうです

そのフェラガモの言葉に

「自由に歩けるということは、人生を、自信を持って歩いていけるということ」

 

素敵な言葉ですよね 私の大好きな言葉です

 

靴は、あなた自身の生きる姿勢にリンクし、あなたの未来さえも変えるかもしれないということになりますよね

素敵なドレスをまとい、素敵な靴を履く

その姿はきっと誰から見ても美しいものです

胸を張ってフィットした靴で歩くこと、それは初めて会う人にも好印象を与えます

仕事場で颯爽と歩いているあなたの姿に憧れを抱く後輩もできるでしょう

 

何十年も愛し続け、自分の足に馴染んだ靴、自分の歴史を知っている靴をメンテナンスしながらいつもピカピカにして履いている姿、かっこいいと思いませんか?

 

足にとって靴は歩くための道具だけではないという事


美しさに限界はない。

デザインに飽和点はない。

そして靴屋が製品を飾るために使う素材に終わりはない。

フェラガモの名言

こんな思いを込めた靴に憧れます そしてその靴を美しく履きこなす女性は品格さえ感じることでしょう

 

最近、【プチプラ、楽ちん】というキーワードが横行しています

ちょっと残念に思ってしまう・・

 

本来の靴は、しっかりと足の構造を知り尽くし、貴女の足をあらゆる環境でも守ってくれます

一生涯歩けるための靴、アウトドアや人生を楽しむための靴、華奢に見えてしっかりとあなたを支える靴

そんな誇りをもって靴をつくっている靴職人が、日本にもたくさんいるという事を忘れないでくださいね

 

いつかは手にしたい「私の足を熟知してくれる靴」


「足を熟知している靴」そんな靴を足のために見つけてあげてほしい

そんなベストパートナーである靴に出会えたら嬉しいですよね

今までに体感したことのないフィット感

そうなれば、歩くことが辛くないんです 歩くことが楽しくなるんです

 

でも・・そのためには、あなたがあなたの足の事を熟知する必要があるんですね。

左右の足の大きさは何センチなのか

浮腫むのは朝なのか夕方なのか

どこの箇所がいつも当たって痛いのか

足の歪みは無いのか

足の指は使えているのかどうか

足指の形と靴の形がマッチしているのかどうか

歩き方に癖がないかどうか

 

あなたの足の歪みや歩き方で、せっかく素敵な靴に出会えても、すぐに型崩れを起こしてしまうかもしれません

 

貴女の足を熟知している靴を見つける前に、あなた自身が足の事を知ること

 

 

そして、靴に愛着を感じながら、きちんとシューズキーパーで形を整える

どうせ安い靴だからワンシーズンで履きつぶして捨てちゃう!

プチプラだし、いいや~~!

 

ではなく

 

靴の手入れをして、皮革の呼吸を感じる

靴底も綺麗に拭いて 新しい息を吹きかける

足はあなたの人生を語ります

 

そしてその足を守りながら 靴はあなたの人生を見ています・・・

そして・・これからも・・

 

だからきちんとお手入れをしたいですね♪